鹿児島発!うんめぇ肉.jp
ようこそ ゲスト 様。会員登録はこちらからどうぞ。
トップページ お買い物かご マイページ お客様センター

Ginza Net Times 2014.1 Vol32に「鞆の浦コロッケ」が紹介されます。

鹿児島ブランド

鹿児島黒牛について
鹿児島黒豚について

厳選ギフト
せとうち商店

厳選ギフト せとうち商店

黒毛和種「鹿児島黒牛」/鹿児島の大地と気候が育んだ牛

北海道に次ぐ牛の生産県、畜産王国・鹿児島の誇る銘柄牛、黒毛和牛「鹿児島黒牛」は、南国の温暖な気候と緑豊かな大自然の中で育てられています。

衛生管理の行き届いた牛舎で安全な飼料給与を受け、公的機関の食肉検査と独自の衛生検査もクリアしたものだけが、初めて全国に流通されていきます。

きめ細かく柔らかな肉質と、美しい霜降りならではのまろやかなコクとうま味は最高の逸品です。


畜産王国・鹿児島の誇り〜 黒毛和牛 / 鹿児島黒牛の歴史

鹿児島は全国一位の和牛・黒毛和種の生産県です。鹿児島県畜産業者の長年の研究、品種改良の甲斐あって、現在、鹿児島の黒毛和種は「鹿児島黒牛」等のブランド名で全国に流通しています。鹿児島黒牛の特徴として、きめ細かく柔らかい肉質と、筋繊維にバランス良く織り込まれた霜降りの織りなす、とろけるような食感が挙げられます。

日本の数ある銘柄牛の代表格ともいえる「松坂牛」「神戸牛」「近江牛」に比べ、「鹿児島黒牛」のブランド化は、平成4年(1992年)と一足遅れたスタートでした。しかし、現在では子牛(素牛)を各国内有名産地に供給し、精肉を海外に輸出(2007年は香港に輸出開始)するほどになった「鹿児島黒牛」の歴史について、少し触れてみたいと思います。

鹿児島産黒毛和牛・鹿児島黒牛〜その歩み

南国・薩摩の地の在来種
鹿児島の牛の在来種としては「種子島牛」「加世田牛」「大島牛」などが一般的です。しかし、かつての在来種は現在の牛と比べてあまりに小柄なため、生産性の向上を求めて、明治時代には既に畜産試験場を設立し、県を挙げての様々な研究が行われていました。

1950年代後半、鳥取牛導入で本格的な品種改良が始まる
体格改良のため、発育成績が優れた鳥取牛を積極的に導入。中でも発育・体型・遺伝力で優れた「栄光」という種雄牛を基にすることで、のちに飛躍的な発展を遂げることになります。

1960年代前半、広島牛、岡山牛の導入で体格改良に成功
大型の広島牛、岡山牛の導入により、鹿児島牛の体格の大型化に成功。

1970年代後半、但馬牛で肉質改良
肉質向上のため、但馬牛を導入。種雄牛「忠福」によって、飛躍的に肉質が向上。

1980年代、肉質改良に成功、全国でもトップクラスの品質に
1982年全共・肉牛の部で総理大臣賞獲得、610万円の高値で引き取られ、その品質は名実ともに全国で認められるようになりました。

1992年「鹿児島黒牛」としてブランド化。そして現在・・・
銘柄牛としての鹿児島産黒毛和牛「鹿児島黒牛」の確立。現在では全国一位の黒毛和種生産県としてその名をとどろかせています。今後、「サツマイモ」や「焼酎のしぼりかす」等を配合した飼料で育つヘルシー志向の肉用牛としての注目も予想され、「日本一の和牛県」としての鹿児島県の和牛畜産事業に、期待が高まっています。

△ ページ上部へ戻る

牛を知る

国産牛とは? 和牛とは?

「和牛」を名乗れる品種は4品種だけ。

和牛とは、日本古来の食肉専用牛のことで、黒毛和種、褐毛(かつげ/あかげ/かつもう)和種、日本短角種、無角和種の4品種が「和牛」として認められています。ちなみに、国内で飼育される和牛の90%以上が黒毛和種です。黒毛和種の中には鹿児島黒牛のほか、松阪牛・近江牛・神戸牛などの有名銘柄牛も含まれます。

日本国内で生産される牛は「国産牛」

一般的には、和牛以外の国産牛肉のことを示します。交雑種(乳用種と和牛の組み合わせ)、ホルスタイン種の他、アバディーンアンガス種、ヘレフォード種などの外国種も含まれます。

外国種や輸入牛も、3ヶ月以上国内で肥育されると「国産牛」に含まれます。さらに牛肉として生産される(屠殺)場所が国内なら、輸入牛も全て「国産牛」となります。

2005年12月より、食肉用となるホルスタイン種の雄牛は「国産若牛」の名称が与えられています。また、最近は一般的ではなくなりつつある名称の一つ「Jビーフ」は、輸入肉に対する「和牛」を含めた「国産牛」の総称でした。

市場では「国産牛」が「和牛」に比較して格下に位置付けられているため、和牛品種を「国産牛」表記で販売することはまずありえません。その逆の例として、コンビニ等でよくある「黒毛牛使用○○○弁当」のように、黒毛和牛などの和牛品種の名前に似せた表記が使用される場合があります。実際、このケースで使用されている品種は外国種の黒毛牛、つまり「和牛でない黒毛牛」です。

なお「鹿児島黒牛」の表記には「和」が含まれていませんが、「鹿児島黒牛」の表記は銘柄(ブランド)名であり、鹿児島黒牛として認定されるのは正真正銘の「黒毛和種」だけです。→財団法人日本食肉消費総合センターWebサイト〜銘柄「鹿児島黒牛」

△ ページ上部へ戻る

銘柄牛について

銘柄牛 = 和牛?

牛のブランドは、産地名で表現されるのが一般的です。鹿児島黒牛、松阪牛、近江牛、神戸牛などがあります。

銘柄牛は、なにも和牛だけに限った話ではなく、「国産牛」に分類される銘柄牛も存在します。例を挙げると、北海道「十勝牛」は、ホルスタイン種の銘柄牛です。

鹿児島黒牛以外の銘柄牛について

日本三大和牛として、よく取り上げられるのは「神戸牛」「松阪牛」、「近江牛」あるいは「米沢牛」です。

残念ながら、現在のところ知名度では鹿児島産黒毛和牛「鹿児島黒牛」は上記の銘柄と比べ一般的ではないものの、近年の黒毛和牛ブームも手伝ってその評価はいよいよ高まりつつあります。

黒毛和牛「鹿児島黒牛」 / 商品紹介ページ

>> 黒毛和牛「鹿児島黒牛」・関連商品紹介ページへ


本ページの参考資料:
社団法人 全国肉用牛振興基金協会

△ ページ上部へ戻る